筆者が所用で熊本市に行った際に、熊本地震の被災地である益城町に短時間ですが訪問しました。

すでにボランティアセンターも閉鎖され、町の中を車で通るだけでしたが、街のあちこちに空地があり、復旧の遅れを感じることができました。

被災者の方々が暮らす仮設住宅団地に伺いましたが、阿蘇の山すそを見渡す高台にあり、小雪がちらついて環境の厳しさをうかがえました。

団地内にある仮設の売店で売っていた益城プリンを買って帰りましたが、大変おいしかったのでもっと買ってくればと思いました。

復旧のお手伝いもできなく、ただ見るだけでしたが被害の大きさと、普及の大変さを感じることができました。